アノミアーナは、若狭湾を拠点とした、海ゴミを資源に変える方法を模索する女性中心のチームです。
 名前の由来は「ナミマガシワ」という貝の名前。カラフルなかわいらしい色の貝は、たくさん集めるとシャラシャラと綺麗な音をかなでます。

日本海に打ち寄せるおびただしいゴミが、地域経済に新しい息吹をもたらすかもしれません。それを模索するのが「ギザギザ湾美化美化計画」です。

海ごみを減らすには、海に入るのを減らす「発生源対策」「流入対策」と海から出すのを増やす「回収・処理対策」の両方が必要です。
「発生源対策」はうれしいことに、最近、いろんな取り組みが広がり始めています。なので、美化美化計画ではあえて「回収・処理対策」にフォーカスしていきます。

現状では、回収されたごみのほとんどが、焼却か埋立処分されています。お金がかかるばかりか、海の代わりに野山がごみで埋め尽くされかねません。

このごみを、少しでも何かに活用していけたら、資源にして新しい価値を産み出すことができたら、海も喜び、人も喜ぶのでは、というのが「美化美化計画」です。

突拍子も無いように聞こえるかもしれませんが、実は海外では既にいろんな動きが始まっています。楽しげなワクワクする動きなんです!!
これからどんどんお伝えしていきますので、一緒にワクワクしてください。ワクワクな人が増えれば、美化美化計画もズンズン進んでいくと思います。