2019年12月から、2020年2月までかけて、道路からアプローチ可能な80ヶ所ほどで冬期の若狭湾に漂着するゴミの量を調査しました。
それにもとづいて、量が多いと感じたところから、少ないと感じたところを色分けしてMAP化しました。 

 調査期間
2019年12月〜2020年2月

 調査方法
海ごみの漂着状況がわかる写真を以下の項目に留意し、一海岸あたり10枚程度撮る。

A. 海岸の地理的な状況がわかる写真
B. 全体的な漂着状況がわかる写真
C. 海ごみが集まっている場所の写真
D. 気になるごみ
E. 清掃状況がわかる写真

各海岸の海ごみ漂着状況をレベル付けし、Mapにまとめたのが以下です。
当初は漂着物量で3段階のつもりだったのですが、清掃状況も加味して以下の5段階としました。

※それぞれMAPのポイントの箇所にゴミ状況の画像をリンクさせています。

冬季の北西の季節風の影響を強く受けるため、北・西向きの海岸は漂着物が多く、南・西向きでは少ない。
隣り合う地域でも湾の向きにより、漂着量が全く異なることがわかりました。